2015年01月30日

LibreOffice 4.4.0 のメニューの未訳について

LibreOffice 4.4.0がリリースされました。

LibreOfficeのバージョン x.y.0(一番最後が0のバージョン)は、いち早く新機能を試してみたい人用とみなされています。
翻訳も含め、安定感を重視しておられる方はもうしばらく4.3系列をご使用ください。

さて、今回の4.4.0でメニューの未訳箇所があります。
このあたりのスレッド参照

Writer:

Calc:
「書式」-「数の書式」-「Time」 https://bugs.documentfoundation.org/show_bug.cgi?id=88250

この4つは後のURLに示したとおり、訳せない文字としてBugzillaに登録されています。

今回これを取り上げたのは、翻訳に参加してくださっている方が、
 1. メニューに訳していない文字がある!
 2.KeyIDを調べるために言語設定を変更して、LibreOfficeを再起動する
 3.未訳の部分にKeyIDが設定されていない! orz
とならないための情報です。

また未訳ではありませんが、4.4.0のCalcでのシート名先頭文字が既定で「シート」となっています。リリースノートにも書かれていますのでご覧ください。
シート名を「Sheet」決め打ちでマクロを組んでいるような方は要注意です。これは4.4.1で戻る予定です。また「オプション」設定から先頭文字を変更して使用することも可能です。

こうしたことは、l10n@global.libreoffice.org や discuss@ja.libreoffice.org のMLで公開されていますので、関心のある方は追ってみてください。

posted by matuaki at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | LibreOffice
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/112882592
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック