2010年05月11日

数式を簡単入力!計算もできる拡張機能CompPad

OpenOffice.orgにはMathという数式エディタがあります。複雑な数式でもWriterに挿入して利用することができます。基本的な使い方は、Writerの画面から、メニュー「挿入」−「オブジェクト」−「数式」を選択して数式エディタを表示させ、キーワードを使って直接数式を入力していくか、ツールバーを使って入力します。

最初のうちはキーワードが分からないために、ツールバーがありがたく感じられますが、慣れてきた方にとっては、キーワードから直接入力することが速くて便利になるでしょう。そうなってくると、数式を入力するたびにメニューから操作することが面倒に感じられてきます。拡張機能「CompPad」は数式の入力をWriterのツールバーから行なうことができます。それだけでも便利なのですが、幾つかの強力な機能が含められており、数式をWriterで扱う方にとっては必携の拡張機能といえるのではないでしょうか。

ダウンロード先は
http://extensions.services.openoffice.org/ja/project/CompPad

ドキュメントは
http://comppad.sourceforge.net/

拡張機能インストール後にOpenOffice.orgを再起動すると、Writerのツールバーに新たなツールバーが表示されます。
Calc-015.jpg

このツールバーのテキストボックスにキーワードを使って数式を入力し、左のチェックボタンをクリックするかEnterキーで確定すると、数式が本文に入力されます。
Calc-011.jpg

さらにこの拡張機能には強力な機能が・・・
このCompPadは数式の計算も行なうことができます。
計算可能な数式を入力して、「Evaluate Expression」ボタンをクリックすると数式の右に答えがフィールドとして挿入されます。
Calc-012.png

結果は
Calc-013.png

変数を定義しておくと、変数を使った計算式の計算結果も表示することができます。定義するには「:=」の記号を使います。
Calc-014.jpg
この図からわかるように、定義が上から順に読み込まれて、一番新しいものが反映されることになっているようです。

他にも、配列の計算やグラフの描画などの機能もあります。詳しくはデモファイルで確認してみてください。
http://comppad.svn.sourceforge.net/viewvc/comppad/trunk/test/CompPadDemo.odt
posted by matuaki at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | OpenOffice.org 拡張機能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37931467
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック