2010年08月03日

OpenOffice.org 3.3 新機能−グラフ グラフで図形描画のオブジェクトを利用できる

OpenOffice.org 3.3の新機能紹介です。今回はグラフ関連の新機能についてです。

3.3からグラフで図形描画オブジェクトを利用できるようになりました。

New_Feature_3.3_Chart1.jpg

このように、グラフの編集モードでも図形描画のツールバーを利用することが可能で、線・テキストボックス・フリーハンドの線など望みのオブジェクトを利用することができます。

これまでも、グラフに重ねて矢印などのオブジェクトを貼り付けることはできましたが、その場合グラフの大きさを変更したり場所を移動したりするときに、グループ化していないとそれぞれを変更する必要がありましたし、グループ化していてもズレが生じることもありました。

今回の新機能により、グラフへの書き込みが容易になったと言えるでしょう。

posted by matuaki at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | OpenOffice.org 3.3 新機能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39956713
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック