2010年08月10日

OpenOffice.org 3.3 新機能−Impress スライドレイアウトの選択がシンプルに

OpenOffice.org 3.3の新機能を紹介しています。Impressのスライドレイアウトの数が少なくなって選択がシンプルになっています。

3.3で作業パネルに表示される「レイアウト」は以前のものより数が少なくなっています。
(下図右の赤枠)

その理由は、これまではグラフを挿入するレイアウトと画像を挿入するレイアウトは、形としては同じレイアウトでも別のレイアウトとして表示されていました。

しかし今回からはグラフでもムービーでも画像でも形として同じレイアウトであれば一つのものとして表示されています。
その代わりに挿入されたオブジェクトを挿入する枠の中央に4つのアイコンが表示されます。
(下図中央の赤枠)

New_Feature_3.3_Impress5.jpg


各アイコンはそれぞれ4つのオブジェクトを挿入するためのボタンとなっています。

New_Feature_3.3_Impress6.png

ムービーや表もここから挿入することができます。

レイアウトの選択肢がシンプルになったことで、一層プレゼンテーションの中身に集中することができるでしょう。
posted by matuaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | OpenOffice.org 3.3 新機能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40069220
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック