2010年08月30日

表示されているセルだけをコピーする拡張機能−Copy only visible cells

拡張機能「Copy only visible cells」は、Calcで行または列を「表示しない」にしている場合に、表示されているセルだけをコピーする拡張機能です。
Excelで言うところを「可視セルの選択」を拡張してコピー機能もつけたものです。

http://extensions.services.openoffice.org/ja/project/CopyVisiCells

使い方は次のようにします。

1.「表示しない」行または列を含む範囲を選択します。
2.ツールバーに表示された「Copy only visible cells」のアイコンをクリックするか「編集」メニューに表示される「Copy only visible cells」をクリックします。(下図参照)
3.目的の場所に通常の貼り付けを行ないます。
これで、表示されている部分だけ貼り付きます。

Extention-COVC.jpg

Excel2010では、ジャンプ機能を使って6つの手順で同様の操作をすることができますが、この拡張機能のボタンを使用する方が断然早いですね。


この拡張機能は以下のサイトからダウンロードできます。
http://extensions.services.openoffice.org/ja/project/CopyVisiCells

拡張機能マネージャーから「追加」でダウンロードしたファイルを指定してインストールします。
OpenOffice.orgを再起動すると使えます。(クイック起動を利用している場合は一度閉じてください)

この拡張機能の仕様の問題と思われますが、パソコンの性能によってはコピーするときに割と時間がかかるようです。3.3で使用した場合は特に顕著に表れます。行選択や列選択ではなく、必要な部分だけを範囲選択したほうが動作がスムーズなようです。この速度の問題についてはおそらく今後改良されることでしょう。
posted by matuaki at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | OpenOffice.org 拡張機能
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40446578
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック