2010年09月30日

LibreOfficeに期待がかかる

LibreOfficeについて発表されてから、様々なメディアが報じています。Libreとは、スペイン語やフランス語で「無料」という意味があるようです。(Freeのほうが正しく伝わるのかもしれません)

ここでは3つほど紹介します。

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/net/news/internetcom/20100929-OYT8T00594.htm
internet.comからの転載のようですが、一般の新聞のサイトにも載せられたところが興味深いですね。

Computerworld.jp
http://www.computerworld.jp/topics/osst/189350.html
LibreOfficeには、「SunやOracleのバージョンでは何らかの理由で実現されなかった」機能や性能面の多数の改良が盛り込まれると、ミークス氏は語る。

中田真秀(なかたまほ)の研究用ブログ
「The Document Foundationができた。よりよいcommunityを目指して」
http://blog.goo.ne.jp/nakatamaho/e/9f416fd78be05c2ead8a671cd6724c66
SUNの経営方針は - 当たり前だが様々な局面に見え隠れする。とにかくSUN外のコミュニティメンバーによる開発コードの受付はひたすら悪い(これはGo-OOというforkを生み出すきっかけになったものだ)。

この二つの記事からは、今回のThe Document Foundationの設立によって、LibreOffice(OpenOffice.org)は自由な開発が行なわれ、一層の機能強化が図られることを期待できそうです。

posted by matuaki at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | OpenOffice.org全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41020315
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック