2013年09月09日

LibreOfficeの開発者がSUSEからCollabora Productivityへ移籍

LibreOffice関連の最近の大きなニュースは、SUSEでLibreOfficeの開発を行なっておられた方々がCollaboraという会社へ移籍されたというものです。

Colabora社のプレスリリース(英語)
http://www.collabora.com/press/2013/09/collabora-productivity-targets-a-marketplace-of-one-billion-desktops.html

LibreOffice 貢献者が SUSE から Collabora Productivity に移籍 ― LibreOffice のビジネスチャンス拡大を目指す

SUSEのLibreOfficeチームがCollaboraに移籍し、サポートサービス開始へ

Collaboraという会社は英国のオープンソースソフトウェアのサポートを行なっている企業のようです。
Collaboraに開発者が移籍することでLibreOfficeのL3サポート(コードベースの有償サポート)をこれまでより容易に受けられるようになると期待されています。日本でもこうしたサポートをする会社が出てくると企業や自治体でもLibreOfficeがもっと使われていくようになるんでしょうね。

関連のページとしては以下のようなものがあります。(英語)
Watch out Microsoft, Collabora is bringing value added LibreOffice

http://www.eweek.com/enterprise-apps/open-source-libreoffice-gets-commercial-support.html

Suse drops LibreOffice -- and helps Collabora pick it up
タグ:LibreOffice
posted by matuaki at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | LibreOffice
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/74445055
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック