2013年11月18日

Apache OpenOfficeとLibreOfficeの比較−その2 読込み速度

OpenOfficeとLibreOfficeの比較検証のその2です。
前回はアプリケーションの起動速度測定を行ないましたが、今回は実際のファイルを読み込む速度を検証してみました。

サイズの大きなodsファイルとxlsxファイルを読み込んでみた結果です。
サンプルファイルはこちらのものを活用させていただきました。(http://kohei.us/
ファイルの読込みはファイルサイズが大きくなると速度差が顕著に現れます。またMS Officeのファイルを読み込むような時はフィルターの性能も大きな影響を与えます。
ファイルの読込みではLibreOfficeの方が有利なようです。特にOpenXMLファイルの読込みではかなりの差が出ます。
またOpenOfficeはOpenXMLファイル形式の保存にまだ対応していないため、現在のところOpenXMLファイルをよく扱う場合はLibreOfficeが圧倒的に優勢です。

検証環境は以下の通りです。
CPU:Corei5-2430M 2.4GHz メモリ:6GB OS:Windows7 SP1
バージョン:Apache Openoffice 4.0.1 と LibreOffice 4.1.3

ケース1:10万行のデータと計算式の入ったodsファイルの読み込み(ファイルサイズ約5MB)
こちらは23%ほどLibreOfficeが早い結果となりました。

Chart-corei5-Read2.png


ケース2:30万行8列のテキストと数値の入ったxlsxファイルの読込み(ファイルサイズ19MB)
こちらはLibreOfficeが半分ほどの時間で読み込んでいます。

Chart-corei5-Read1.png

さまざまなファイル形式の読み込みはLibreOfficeの方が進んでいるといえます。
くわしくはまた後日のエントリーで。
posted by matuaki at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | LibreOffice
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80868635
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック