2011年11月26日

UbuntuのLibreOfficeで印刷プレビューを表示するとクラッシュする

Ubuntu 11.10で、Ubuntuが提供しているLibreOfficeをlo-menubarが入った環境で使っていると、印刷プレビューを表示するとクラッシュしました。

lo-menubarが原因とは思わなかったのですが、検索すると以下のページの記載通り。

https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=11702

UnityとGnome Shellのどちらが使いやすいか色々と試していたのですが、Gnome Shellの方に傾きつつあるので、とりあえずlo-menubarは削除して問題を回避しました。

上記のサイトで紹介されていた
https://launchpad.net/~libreoffice/+archive/ppa
を見てみると、Oneiric用のlo-menubarパッケージは提供されていないようなので、すでに修正されている感じですが…。

もしかするとGnome Shell+lo-menubar環境でNGなんですかね。わたしのところだけの問題かもしれませんが備忘録として。
posted by matuaki at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntu

2010年06月14日

Mozcに郵便番号辞書を追加する

Google日本語入力のオープンソース版である 「Mozc」にMS-IMEやことえりなどのユーザー辞書を追加できるGUIができましたので、郵便番号辞書を追加するのもそれほど難しいことではなくなりました。
今回は、「A Study of lotus 1-2-3 ★123大好き」サイトを運営しておられる たぼたぼ氏 が作成された最新郵便番号辞書を使わせてもらいます。
いつも最新の辞書をありがとうございます。

最新郵便番号辞書のダウンロードと利用方法のページから「Windows用 汎用テキストファイル(都道府県名付と都道府県名なしのセット:解説付き)」をダウンロードします。
ダウンロードしたファイルを解凍すると、「県名あり6月作成分.txt」と「県名なし6月作成分.txt」と解説フォルダができます。

あとは「Mozc 辞書ツール」からインポートします。
「管理」−「新規辞書にインポート」で表示されたダイアログを開きます。
yuubin-dic1.png

「ファイル」に解凍してできたファイルを指定します。
「辞書名」に辞書の内容がわかるような名称を入力します。
フォーマットとエンコードは「自動判定」で登録できました。
「インポート」をクリックすると登録されます。
yuubin-dic2.png

以下はOpenOffice.org Calcで使った状態です。
yuubin-dic3.jpg
「県名あり」と「県名なし」をどちらも登録したので二つの候補が出ています。

CalcではPHONETIC関数がないのでExcelと同様に郵便番号を1回入力で郵便番号と住所を表示させるところまでは行きませんが、数字入力と変換で住所が正確に入力できるのは大変便利ですね。
posted by matuaki at 17:22| Comment(2) | TrackBack(0) | Ubuntu

2010年05月31日

Mozcの辞書機能 辞書のインポート

Mozc(Google日本語入力オープンソース版)での辞書のインポートについてです。

Windows XPのMS-IME2003のユーザー辞書をUbuntu 10.04のMozcの辞書にインポートしてみました。

MS-IMEからの辞書のエクスポートは、IMEツールバーの「ツール」のアイコンをクリックして「辞書ツール」を選択します。
開いたダイアログボックスの、メニュー「ツール」−「一覧の出力」を選択し、保存先を指定して保存します。

Mozcの方では、ツールバーから「dictionary tool」を選択します。
「Mozc辞書ツール」の「管理」ボタンから「新規辞書にインポート」を選択します。
Screenshot-Mozc2.png

以下のダイアログでMS-IMEから「一覧の出力」で保存したファイルを指定し、辞書名を入力します。
Screenshot-Mozc3.png

これで「インポート」すれば辞書のインポートは完了です。

フォーマットの選択は自動で行なうことができましたが、このリストを見てみると、「Google」「ことえり」「ATOK」「Microsoft IME」からインポートできるようです。
Anthyで使っていた辞書、「~/.anthy/private_words_default」をインポートするテキストファイルとして指定してみましたが以下のようなエラーが出ました。
Screenshot-Mozc4.png

「選択した辞書にインポート」を選択すれば、既存の辞書に追加することができます。
この場合、「よみ」「単語」「品詞」すべてが同じものがあれば重複して登録されることはないようです。
posted by matuaki at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntu

Google日本語入力に辞書機能追加

Google日本語入力のオープンソース版をUbuntuで使用していますが、結構快適です。^^)

変換効率はいいのですが、固有名詞などの登録辞書がないということがストレスになりそうでしたが、約2週間で辞書機能を搭載されたものがリリースされています。

ということで、以下のサイトから書かれている手順に従って導入してみました。
http://code.google.com/p/mozc/wiki/LinuxBuildInstructions

またアイコンがなかったので適当なものを入れてみました。
$ sudo mkdir /usr/share/ibus-mozc
として、この中に
product_icon.png と unknown.ico
を入れてやればOKです。左側のアイコンがproduct_icon.pngです。

Google-IME001.jpg

この画像にあるように、設定ツールとして「プロパティ」と「辞書」が選択できるようになりました。

また入力モードを変更することができます。
Google-IME002.jpg

「プロパティ」と「辞書」でどのような設定ができるかを見てみました。
続きを読む
posted by matuaki at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntu

2010年05月12日

Google日本語入力がオープンソースに

Google日本語入力がオープンソースになりました。
http://googlejapan.blogspot.com/2010/05/google_10.html
この記事で
- Linuxでは動きますか?
Ubuntu 9.10 および 10.04 での動作を確認しています。Google が動作を保証するものではありません。Linux Build Instruction を参照してください。

とありましたので、
http://code.google.com/p/mozc/wiki/LinuxBuildInstructions
の手順に従ってUbuntu 9.10に入れてみました。

書かれている内容はあまり分からないのですが^^; コマンドをコピー&ペーストで入力していくとdebファイルが作成できました。
そしてそのファイルをインストールして、iBusの設定を変更して完了。

いつものように「はまる」ことなく、あっけなくインストールして使えるようになりました。長文を入力していないので評価しがたいところもありますが、ちょっと文字入力をした感じでは結構思うように変換してくれているようでしばらく使ってみようと思います。
予測変換機能になれていないため、文字を打つたびに変換候補が現れるのが幾分目障りなような・・・。きっと慣れると「これが便利!」となるんでしょうね。
posted by matuaki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntu

2009年11月08日

Ubuntu 9.10でWine

Ubuntuのバージョンを9.10にしました。
Lenovo S9eにデュアルブートでクリーンインストールしました。

wineの新しいバージョンをインストールするには
http://www.winehq.org/download/deb
を参考に、リポジトリに
ppa:ubuntu-wine/ppa
を追加すればよいということです。
「Ubuntuソフトウェアセンター」からWineをインストールできるのですが、少々古いバージョンのため、この方法を取りました。

バージョンを新しくするとフォントのアンチエイリアスが効かなくなったので、
こちらのサイト
http://selfishness.sblo.jp/article/30940901.html
を参考にさせていただき、
user.regの「[Control Panel\\Desktop]に
"FontSmoothing"="2"
"FontSmoothingType"=dword:00000002
"FontSmoothingGamma"=dword:000003e8
"FontSmoothingOrientation"=dword:00000001
を追加してOKでした。
posted by matuaki at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntu

2009年04月30日

2009年 約1,150万台のLinux OS搭載ネットブックが世に出回る

ComputerWorldの記事で
Linux OSネットブックの普及を阻害する、「イヤなうわさ」と「信憑性」
と題するものがありました。
http://www.computerworld.jp/topics/netbook/144569-3.html

「ネットブックでLinux搭載のものは返品率が高い」といううわさに対しての様々な見方が載せられています。

最近ネットブックにUbuntu 9.04を入れて使っていますが、これが結構使えるんです。見た目がWindowsと違っているために、WindowsからPCを使っている人は最初はちょっとストレスになるかもしれませんが、長い目で見ればコストダウンにもなると思います。

というのも、さっきネットブックに入っているWindows Xpを少し使うとMedia Playerのアップデートがあるとのこと。それを行うと「再起動」。Windowsしか使っていない時は、何とも思わなかったですが、Ubuntuを使うようになると「!?」と思ってしまいます。

今年はLinux OS搭載のネットブックが多く出回ることになるのでしょうか。それともWindows 7でさらにWindowsが城を固めることになるのか楽しみです。
posted by matuaki at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntu

2008年05月16日

UbuntuでのOpenOffice.orgのメニューフォント

UbuntuにOpenOffice.org3.0 Betaをインストールしました。

インストールは特別問題はなくできました。(GNOMEメニューにメニューを追加するパッケージはないようでした。)

起動してみて感じたのは、メニューのフォントがあまりきれいに見えない、という点で、「システム」−「設定」−「外観の設定」でフォントを変更しても変化なし。

検索してみると、やはり先人の知恵が。
http://d.hatena.ne.jp/itiri/20080201/1201873966

フォントを作り直すという方法もあるようですが、うまくいかずたどり着いたのが上のページ。

  /opt/openoffice.org3/program/soffice

  export SAL_EMBEDDED_BITMAP_PRIORITY=0
を追加することで、メニューのフォントがきれいになりました。
posted by matuaki at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntu

2007年07月30日

Ubuntu7.04でThunderbird2.0を使う

Thunderbird2.0を利用するには、
Ubuntuzilla
が便利なようです。

ubuntuzilla_4.1.1.pyをダウンロードして
$ python ubuntuzilla_4.1.1.py -a install -p thunderbird

を実行。
いろいろ聞いてくるが、言語の選択の場所以外は全て"y"と答える。

これですんなりインストールできました。
Thunderbird.png
あっ、これではUbuntuのThunderbirdかどうかわからないか。

firefoxもこれでインストールできるようです。
posted by matuaki at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Ubuntu