2013年02月26日

LibreOffice日本語チームの小笠原氏のインタビュー

LibreOffice日本語チームの小笠原さんのインタビューがTDF(The Document Foundation)のブログに掲載されています。

http://blog.documentfoundation.org/2013/02/21/interview-ogasawara/

そしてご本人による訳がこちら
http://d.hatena.ne.jp/naruoga/20130224/1361717225

わたしも専らこちらのページから読ませて頂きました^^;

非常にパワフルに活動しておられます。先日のmini Confの写真もTDFブログには掲載されていますね。
小笠原さんのこんなコメントがあります。

LibreOfficeの翻訳に参加してみたいという人に一言、忠告やアドバイスはありますか?

英語を恐れないでください。もしよくわからないUIがあったら、その翻訳は多分間違ってます。それを教えてください。私達の仲間入りの第一歩です。査読はいつでも歓迎です。

そして、LibreOfficeのコミュニティはとても活発で、愛に満ちた、ステキな人たちがたくさんいる、とても参加しやすいコミュニティですよ。

ぜひみなさんもいかがですか?
タグ:LibreOffice
posted by matuaki at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | LibreOffice

2013年02月16日

日経PC21の総力特集「フリーソフト&無料クラウド 43」

日経PC21 2013年3月号に特集で「フリーソフト&無料クラウド 43」という記事が掲載されています。

http://pc.nikkeibp.co.jp/pc21/mag/201303/index.shtml



この中の「オフィスソフト」の項目でLibreOfficeが紹介されていました。少しずつ一般のPC誌にも名前が出るようになってきていますね。

タグ:LibreOffice
posted by matuaki at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | LibreOffice

2013年02月10日

LibreOfficeはWindows 8で使えますか?

LibreOfficeはWindows 8 にインストールできるでしょうか?答えはYesです。

LibreOfficeのサイトでは、システム要件としてWindowsはXPからVista、7、8 が挙げられています。
Windows 8では、Microsoft Office2000はインストール中にエラーが出るようですが、LibreOfficeは問題ありません。

Windows 8のPCを買って、Office2000を入れて使おうと思っていた方は、是非LibreOfficeを試してみてください。ツールバーやメニューもよく似ているので、慣れるのにそれほど時間はかからないでしょう。

ダウンロードは
http://ja.libreoffice.org/download/
から。

窓の杜からもダウンロードできます。
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/libreoffice/
タグ:LibreOffice
posted by matuaki at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | LibreOffice

2013年02月09日

LibreOffice 4.0 リリース!

LibreOfficeの最新版、4.0がリリースされました。
起動の速さは今回のバージョンの特徴です。

以下のページに記事が掲載されています。
OpenOfficeと比較した記事や、MS社の新しいOfficeと関連付けたものなど面白い記事があります。

The Document Foundation、無償の統合オフィス環境「LibreOffice 4」の正式版を公開
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20130208_587117.html

多くの新機能が追加された「LibreOffice 4.0」登場、OpenOfficeとの違いが明確に
http://sourceforge.jp/magazine/13/02/08/0045231

オープンソースのMS Office互換ソフト新版「LibreOffice 4.0」が公開
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130208/455182/?ST=oss

「LibreOffice 4.0」がリリース マイクロソフトもOSS向けOfficeを開発中?
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1302/08/news080.html

無料オフィススイート「LibreOffice 4.0」公開、SharePointと統合可能に
http://bizmash.jp/articles/40238.html

LibreOffice 4.0がOffice 365難民を助けるべくリリース
http://jp.techcrunch.com/archives/20130207libreoffice-4-0-released-just-in-time-for-office-365-refugees/

LibreOffice 4.0 登場−これはもはや OpenOffice.org ではない
http://japan.internet.com/busnews/20130208/5.html

他にも掲載サイトをご存知でしたら、コメントに書き加えてください。


新しいLibreOffice 4.0のダウンロードはこちらから
http://ja.libreoffice.org/download/

タグ:LibreOffice
posted by matuaki at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | LibreOffice

2013年02月01日

LibreOffice 3.6.5 リリース

おそらく来週LibreOffice 4.0.0がリリースされると思いますが、1月30日にLibreOffice 3.6.5がリリースされました。

リリースアナウンスはこちら
http://listarchives.libreoffice.org/ja/announce/msg00096.html

ダウンロードはこちらから
http://ja.libreoffice.org/download/

このダウンロードページが日本語訳になっているのもいいですね。

まもなく4.0.0が出る時になぜ3.6.5なのか。それは、より安定した製品を使いたい人用ということです。新しい機能よりもバグが少ない方を選択するユーザーもたくさんおられることでしょう。LibreOfficeはいつでもこのように二つのバージョンを利用できるようにしています。

新機能を真っ先に使って試してみたいという人は、来週の新バージョンのリリースを待ってインストールするのが良いでしょう。そうでなければ、4.0.1ないし4.0.2になるまでは、3.6.5を使うのが良いのではないでしょうか。
タグ:LibreOffice
posted by matuaki at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | LibreOffice

2013年01月27日

LibreOffice4.0の新機能−IFERROR関数とIFNA関数

LibreOffice 4.0のリリースが近づいて来ました。
現在rc2が利用可能になっています。翻訳も活発に行なわれています。

rc2のダウンロードは、以下のページから。
http://ja.libreoffice.org/download/pre-releases/

さて、このLibreOffice 4.0には新機能が多く追加されています。
一覧(英語)はこちら
https://wiki.documentfoundation.org/ReleaseNotes/4.0

Calcに実装された新たな関数として、IFERROR関数とIFNA関数があります。
数式を設定しているセルで、「エラーを表示させたくない」また参照先に値がないという「#N/A」を表示させたくない場合に便利ですね。
特に、VLOOKUP関数を使った参照で「#N/A」を表示させたくない場合、これまではIF関数を使って表示を工夫していましたが、かなりシンプルになります。


ちなみに、このIFERROR関数はExcelでは2007から実装されているみたいですね。
また、IFNA関数の方はまもなく発売される2013から実装されるようです。
posted by matuaki at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | LibreOffice

2013年01月16日

「はじめてのLibreOffice」発売!

工学社から「はじめてのLibreOffice」が発売されます。発売日は今週末のようです。

Amazonでは、予約受付中で18日発売予定になっています。
はじめてのLibreOffice

工学者の書籍紹介ページはこちら
http://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-1736-7

はじめてLibreOfficeを使用される方を念頭に、LibreOfficeの特徴であるスタイルの使用について割と詳しく書きました。
LibreOfficeは使いにくいと感じておられる方は、この本から“LibreOffice流”の使い方を知って便利に使用していただきたいと思っています。

この書籍を執筆している間に、普段では使用しない機能を使ったり、ダイアログの文言を文字にしてみたりすると、翻訳のおかしな所を発見できました。それで翻訳の修正をして、LibreOfficeの品質向上に幾らか貢献できました。


ぜひ買ってください。よろしくお願いします。^^)
タグ:LibreOffice
posted by matuaki at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | LibreOffice

LibreOffice Math の詳細マニュアル

LibreOffice(Apache OpenOfficeも)には「Math」と呼ばれる、数式エディターがあります。
かなり複雑な数式でも、比較的に簡単できれいに書けると評判はいいのですが、マニュアルがあまり整備されていないために、十分に使いこなされていないのが現状のようです。

先日の関西LibreOffice勉強会でMathについての話があった時に、出席者の方から「北海道大学北海道立教育研究所(注)のサイトでMathの詳細なマニュアルが公開されている」という話をお聞きしました。

ありました!
http://www.doken.hokkaido-c.ed.jp/kenkyuu/project/h23project/Computerization_of_SA/pdfs/appendix2-6.pdf

簡単にWriterからMathを起動するショートカットキーの作成から始まり、書式設定や数式の中のさまざまな添字との間隔の調整の仕方まで、非常に充実した内容となっています。
LibreOfficeのヘルプより断然分かりやすく詳細…のようです。^^;

LibreOffice 3.5 User Guides(英語)
http://www.libreoffice.org/get-help/documentation/

このページの「Math Guide 3.5」と上記のマニュアルで、かなり使いこなせるのではないかと思います。

Dmathの拡張機能とあわせて、「Math詳解」なんていうマニュアルを作成したら、需要はあるんでしょうかね〜。

(注)zさんのコメントにより訂正させて頂きました。
posted by matuaki at 18:02| Comment(2) | TrackBack(0) | LibreOffice

2013年01月08日

LibreOfficeカレンダー

LibreOffice Calendarが「Ertai's Blog」で紹介されています。

http://www.ertai.nl/?q=node/38

odgファイルでは、OLEオブジェクトを使って作られていることが分かります。編集すると日本の祝日にも対応できるようになりそうです。

Drawの使い方について参考になりますね。

タグ:LibreOffice
posted by matuaki at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | LibreOffice

2013年01月03日

LibreOfficeとApache OpenOfficeの今とこれから

LibreOfficeとApache OpenOfficeはどう違うの?どっちを選択すればいい?
こうした悩みをもっておられる方に役立つ記事が公開されています。

gihyo.jpより「LibreOffice/Apache OpenOffice 〜2012年の出来事と2013年の新バージョンリリース〜」という記事です。
http://gihyo.jp/lifestyle/column/newyear/2013/libo-aoo-prospect
LibreOffice Japanese Teamの一人でもある、あわしろ いくや氏が書いておられます。

昨年の動向と今年のリリース予定などについて言及されていますが、1年前の「LibreOffice」一択といった状況から大きく変化していることがうかがえます。

またApache OpenOfficeの新機能(SVGインポート)がLibreOfficeに組み込まれている背景なども詳しく書かれています。

Apache OpenOfficeもIBMが本気を出しているようですし、それぞれの次期バージョンは大変楽しみになってきました。
そして、AOOもこれから追っていく必要があるかなぁと思い始めています。^^)
posted by matuaki at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | LibreOffice

2013年01月02日

MS社が指摘するLibreOfficeを導入する前に考えるべき6つの点

Microsoft社がLibreOfficeやOpenOfficeを導入する前に考えるべきことを短いペーパーにまとめて公開しています。
題は「So, You’re Considering OpenOffice.org / LibreOffice」です。
http://download.microsoft.com/download/D/0/D/D0DA0C4B-22DE-40C7-A84D-0C7E03347A9C/Considering-LibreOffice-and-OO-v2.pdf
OpenOffice.org / LibreOffice May Not Be Free.
Why Compromise?
Limited Collaboration.
Securing Sensitive Information.
No Off-Premise Capabilities.
Considering The Future.


これに関連してMS OfficeとLibreOfficeのどこが違うかについての比較対照表がTDFのWikiにあります。
https://wiki.documentfoundation.org/Feature_Comparison:_LibreOffice_-_Microsoft_Office
興味深い点として「MS VisioファイルのインポートについてLibreOfficeのほうが優れている」という指摘もあります。

同じ製品を見ていてもどの角度で見るかによって、評価は様々ですね。

上記のWikiに参照されていた資料として、同じ人がMS OfficeとLibreOfficeを比較してMS Officeが優れている点、MS WordよりLibreOffice Writerのほうが優れている点などを記した記事があります。

How LibreOffice Writer Tops MS Word: 12 Features, by Bruce Byfield (2012-04-10).
http://www.datamation.com/applications/how-libreoffice-writer-tops-ms-word-12-features-1.html

LibreOffice vs. MS Office: Spreadsheets and Slide Shows, by Bruce Byfield (2012-06-06)
http://www.datamation.com/open-source/libreoffice-vs.-ms-office-spreadsheets-and-slide-shows-1.html

How Microsoft Office Tops LibreOffice: 11 Features, by Bruce Byfield (2012-04-26).
http://www.datamation.com/applications/how-microsoft-office-tops-libreoffice-11-features-1.html

LibreOffice Writerについては、やはりスタイル関係で評価が高いようです。

いずれの記事も英語ですが、比較検討したい方々にとっては役立つ資料だと思います。
タグ:LibreOffice
posted by matuaki at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | LibreOffice

2013年01月01日

関西LibreOffice勉強会へ行ってきました

12月22日に開催された「第2回関西LibreOffice勉強会」へ行ってきました。
http://connpass.com/event/1552/

4名の方がプレゼンテーションをしてくださいましたが、大変勉強になる内容でした。
はじめて「勉強会」と名のつくものに参加しましたが、中身の濃い時間を過ごすことができました。

榎さんの「LibreOfficeコミュニティ動向・LibreOffice4.0に向けて」は2012年を振り返ってのLibreOfficeの動向や4.0の新機能の紹介でした。
JA福岡市さんのOSC Fukuokaとその後に訪問されたときの話は興味深いものでした。

宗近さんは「LibreOfficeのインストールを一からはじめよう!!」と題して、LibreOfficeのダウンロードからインストールまでを説明してくださいました。
出席者の一人は新しいPCを買ったばかりで、Windows8のPCに説明を聞きながらインストールして完了報告をしておられました。Windows8へのインストールは問題なしとのことでした。
またインストール時のファイルの関連付けについての注意点などが挙げられました。MS Officeと併用しておられる方ならではの注意点は、今後のマニュアル作成時に役立つ内容でした。

那谷さんの「Baseでクエリー入門(選択・重複・不一致)」はAccessをクエリ作成ツールにしてBaseを使ってみるという斬新なアイデアで、重複クエリと不一致クエリについて解説してくださいました。
「Base」をほかの人たちはどんな用途で使っておられるのかを、実例を含めての解説は大変参考になりました。

近藤さんの「数式を含んだ文書を作成する 〜 数式エディタと Dmaths Extension の利用方法」はLibreOfficeのあまり有名ではないが特定のユーザーには非常に利用価値のある「Math」についての説明でした。
なぜ「Math」がよいのか、どんな所がつまずきそうな点かを学べました。DMathや化学式の拡張機能などこれまで関心のなかった分野について知ることができたのは良かったです。
近藤さんは以前にOpenOffice.orgのQAを行っておられたとのことでしたが、知らなかったです。スイマセン…。

この勉強会の資料は上記のサイトにアップされています。
また資料作成の途中で力尽きた方々の中には後でアップします、と言ってくださってましたので楽しみにしたいと思います。

オフィスソフトは人によって様々な使い方をしておられますので、こうした勉強会の機会は、インプットとして非常に役立つ機会だと思いました。
タグ:LibreOffice
posted by matuaki at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | LibreOffice

2012年12月28日

オープンソース・オフィス製品に関するITR社のホワイトペーパー

株式会社アイ・ティ・アール からオープンソースのオフィスソフトを導入する時に検討するべき点が以下のホワイトペーパーで公表されています。

ITR White Paper:オープンソース・ソフトウェアの現実(改訂版)
http://www.itr.co.jp/library/public/ITR_WhitePaper/ITR_WP_C12100044.pdf

内容は割と保守的な論調ですが、LibreOfficeを対象として考察されている点が興味深いですね。
大規模な組織に導入しようとしている場合には、特に役立つかもしれません。

これを読んで思い出しましたが、JA福岡市さんはサポートベンダーなしで導入を成功させたということを先日の関西LibreOffice勉強会で聴きました。
そして実際に導入にあたってサポート人員は2名で、現在は1名でされているとのこと。
こうしたケースでは、数百台の導入でも十分コスト削減になるようです。もちろん旗振り役の強い意志や協力体制が必要でしょうが。

このレポートでは、日本におけるOSSへの期待が少しずれている点も取り上げています。
結びはこのようになっています。
日本語化も含め、ボランティアによるコミュニティが製品を支えていることに変わりはなく、どの製品であってもOSS製品を採用する場合は、IT部門だけでなく利用者全てがコミュニティの一員として可能な限り貢献することを考えるべきである。何事も只というものは存在しない。ライセンスが無料であっても、何らかのかたちで対価を支払うことが求められる。

まだまだ成長が必要ですね。
posted by matuaki at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | LibreOffice

2012年12月26日

LibreOffice 開発者 吉田浩平氏のインタビュー

LibreOffice Calcの開発をフルタイムで行なっておられる吉田浩平氏のインタビュー記事が、TDFのブログに掲載されています。
1ヶ月ほど前に掲載されたものですが。

http://blog.documentfoundation.org/2012/11/29/developer-interview-kohei-yoshida/

数少ない日本語でコミュニケーションが取れる開発者の一人です。
特にCalcの新機能やパフォーマンスの向上などに尽力しておられます。

英語の記事ですが、ご覧になってください。
タグ:LibreOffice
posted by matuaki at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | LibreOffice

2012年12月25日

OSS推進フォーラムが復興支援にLibreOfffice無償配布

OSS推進フォーラムが復興支援にLibreOfffice収録CD/DVD無償配布、Facebookでサポートも

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20121221/446169/

ITProさんの記事です。

この復興支援は第1弾が2011年6月、第2弾が2012年2月、そして今回第3弾として行なわれるものです。
第2弾からですが、配布されるソフトが「LibreOffice」であって、「Apache OpenOffice」ではないというところがこのサイトとしては記事になる部分ですかね。

facebookを使ってサポートもされるようですね。
こうしたきっかけを通して、LibreOfficeがどれくらい普及するか楽しみではあります。
タグ:LibreOffice
posted by matuaki at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | LibreOffice

2012年12月19日

LibreOffice 4.0のパフォーマンスがかなり向上しているらしい

LibreOffice 4.0のCalcはファイルの読み込み処理速度がかなり向上しているようです。

odsファイルの読み込みについて
http://dbank-libreoffice.blogspot.fr/2012/07/improved-ods-load-times.html

xlsxファイルの読み込みについて
http://dbank-libreoffice.blogspot.fr/2012/07/improved-ods-load-times.html

(上記ページのグラフで「3.7」と書かれているところは「4.0」と読み替えてください)

Calcで大きなファイルサイズを扱っている方は特に、次期バージョンに期待できそうです。
タグ:LibreOffice
posted by matuaki at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | LibreOffice

2012年12月15日

「オープンソースカンファレンス2012Fukuoka」のセミナー資料を公開

JA福岡市のサイトで「事例からみるLibreoffice導入ガイド」が公開されています。
http://www.ja-fukuoka.or.jp/blog/archives/2012/12/2012fukuoka.php

これは12月8日に行なわれたOSC2012Fukuokaで行なわれたセミナーの資料とのこと。

このセミナー資料ですが、MS OfficeからLibreOfficeへの移行を検討している方は必見ですね。
たとえば、【具体的な導入理由と目的】として4つの点が挙げられています。また事前にどんなことを検討したか、その検討項目が20紹介されています。
さらに「ファイル互換性検証資料」として、オブジェクトを配置した文書を用いて、Writerのドキュメントをdoc形式で保存した時に、WriterとWord2010でどの程度違いが出るか、またdocx形式で保存した時はどうか、といった点が紹介されています。

「移行作業フロー」もかなり親切な説明があり、移行時に何を検討したらよいかがはっきり分かる資料となっています。

担当者の方々は相当の試行錯誤と努力があったと思いますが、その貴重な成果を公開してくださっているというのは何とも太っ腹です。
タグ:LibreOffice
posted by matuaki at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | LibreOffice

2012年12月12日

PowerPoint 2013とLibreOffice Impressを比較してみました。

MS Office 2013(以下Office 2013)がもうすぐ発売されるようです。
Personalが31,000円、Home and Businessが37,000円、Professionalが63,000円のようです。
Professionalのアップグレードは期間限定ですね。
かなり高い感じがしますね。一般ユーザーの感覚はMSのブログのコメントによく表れています。
http://blogs.technet.com/b/microsoft_office_/archive/2012/12/06/microsoft-office.aspx

Windows8はリーズナブルな価格設定になっていたので、Officeも・・・と思いましたが、やはり真のドル箱は手放さずということでしょうか。まだまだ強気でいられる状況なんでしょうね。

さて、新しくPCを購入する人は別として、どれくらいの人がバージョンアップされるのでしょうか。
どうしてもMS Officeでないといけないというひとであれば、今「Office 2010」を導入すると安くて良いかもしれませんね。

この新しいバージョンについてのMSのサイトを見てみると、「PowerPoint 発表者ツール より効果的にプレゼンテーションをバックアップ」という新機能について紹介されていました。
http://www.microsoft.com/ja-jp/atlife/buy/article/office2013/launch/

ここで表示されているPowerPointの画面を見て、「どこかでみたことがあるような・・・」と思ったわけです。LibreOfficeの「Presenter Console」とよく似ています!
これまでのPowerPointにはなかったの?と思ってみて見ましたら、Office 2010では発表者ツールはあったものの、こんな感じではありませんでした。LibreOffice、Office 2010、Office 2013のそれぞれの画面を比べてみました。

LibreOffice 3.6.4
Impress_Console
Office 2010
Blog-000.png
Office 2013
blog003.png

LibreOfficeとOffice 2013は似てますでしょ^^)

LibreOfficeとOffice 2013は外部モニターを自動認識しました。
この機能はLibreOfficeの最初のバージョンから入っていましたから、2年ほど進んでいたわけですね。(モニターの自動認識はバージョン3.6からです) LibreOfficeはMS Officeのクローンソフトではないということを示す一つの例でしょう。
そしてこの機能が必要で、Office 2013の導入を検討しておられる方は是非LibreOfficeを試していただきたいですね。

Office 2013の外部モニターをつながなくても、この発表者ツールが表示されるという機能はキャプチャを取るには便利でしたが・・・^^;。

今回Office 2013へのアップグレード対象となっているバージョンは2003以降です。Office 2003のユーザーであれば、LibreOfficeはかなり有力なアップグレード先だと思いますが、いかがでしょうか。
タグ:LibreOffice
posted by matuaki at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | LibreOffice

2012年12月11日

LibreOffice 4.0 のMS Visio インポートフィルターはすごいらしい

LibreOffice 4.0 Beta1 がリリースされています。
http://ja.libreoffice.org/download/pre-releases/

いろいろと新機能があるようですが、Microsoft Visioで作成したドキュメントを読み込むフィルターの性能がかなり向上しているようです。

LibreOffice Visio Import Filter: 20 years of drawings opened in your favourite office suite

Visioの初期のバージョンで作られたファイルも、Visio2013で作ったファイルも読み込めるようです。
このあたりの互換性が気になっていた方は要チェックです。そして試してみて読み込みが十分ではないと思えるファイルがあれば、今のうちにサンプルを提供すると改善される可能性も高くなるかもです。「LibreOffice 4.0のためのテストマラソン」も開催されることですし。

バグ報告の仕方についてはこちら
http://wiki.documentfoundation.org/BugReport/ja (一部英語ですが)
タグ:LibreOffice
posted by matuaki at 10:37| Comment(2) | TrackBack(0) | LibreOffice

LibreOffice Conference 2012 Berlin レポート

2012年10月17日から19日にかけて開かれた、「LibreOffice Conference 2012 Berlin」のレポートがITProのサイトで公開されています。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20121207/442767/

LibreOffice日本語チームの榎さんと小笠原さんが書いています。

LibreOfficeのプロジェクトの特徴がよく分かるレポートになっています。
また日本語チームとしての発表も行なわれていろいろと議論がなされたようです。

グローバルではますます活発な活動になってきているようです。日本語圏でもさらに盛り上がっていければいいですね。
日本でもこうしたイベントが計画されているような!?…。
タグ:LibreOffice
posted by matuaki at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | LibreOffice